2017-04-27(Thu)

嬉しい悲鳴の当りすぎクール、まずは『犯罪症候群』から


前回エントリ時には事前の期待盛り上がりイマイチだった私ですが、
フタを開けてみればびっくりの当り作品がガツンガツンガツン!だった2017年4月クール。
ポリティカル・サスペンス/クライム・サスペンスのフィールドで
モダンでアクチュアルでシリアスな力作が3つも揃い踏みで
「も〜、ヒトが悪いな〜、何も今クールにこんなに集中させなくても!」みたいな
贅沢で身勝手な嬉しい悲鳴と倒錯した不満(?)を感じてます。
その3つとはもちろん
フジ「オトナの土ドラ」枠の『犯罪症候群 SEASON1』
フジ火9の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』
TBS金10の『リバース』
で、
『母になる』も美玲ちゃんものも波瑠ちゃんものも文乃ちゃんものも
既に観るのをやめてしまった私でも大満足大満腹のクールです。



で、今回採りあげるのは、開始順的にも終了順的にも
惜しまれるべき野心作にして打開策『犯罪症候群』から。
「完全にオワコン、なぜ続けてるの?」の声も高いであろう「オトナの土ドラ」枠への
渾身のテコ入れ策と言えそうなWOWWOWとの共同制作ってことで、
よく似た企画のTBS『MOZU』に勝るとも劣らない...というかむしろ勝る
焦点が定まっててガチガチに硬い、息詰まるハード・ロマンになってます。
ああ、でもたった8回、続きの「SEASON2」はWOWOWでかぁ、ってところが
「惜しまれるべき」の所以です。
さらにはまた「続きは劇場で!」って感じ、なのでしょうかね。



まあ、そんな身勝手なボヤキはおいといて。
乃木坂46の齋藤飛鳥ちゃんの愛読作家としても有名な
ヘヴィーでアクチュアルな人間暗黒面抉り出しミステリの大家:貫井徳郎さん原作ものながら
一種の新型「ヒーローもの」としても成り立っているのがおそらくはこのシリーズ作のミソ。
あれ誰だっけ、以前の若手二枚目俳優さんだけど!? と思った「1」の主役は玉山鉄二さん。
2時間SP不定期シリーズの滝沢秀明さんや反町隆史さんのような
哀しみと疲れを帯びて苦み走った好ナイス・ミドルって感じの新たなにんが逆にかっこいい。
スカした狡いワルみたいな役もハマってた谷原章介さんも、ひさびさの正統派ヒーローで
いずれ進んでの「2」の主役で、「1」でも重要なキャラクター。
そして、まるで『ケイゾク』の真山が「朝倉的」な悪の総体に対抗すべく
並行世界のタイムラインを超えて正義と復讐のマキャヴェリストとして魔界転生したような
環敬吾役の渡部篤郎さん。
社会的な不幸と不正とルサンチマンが、犠牲者と加害者、正邪をもないまぜにしてゆく現代で
果たしてどんな正義や裁きが可能なのか —
シンパシー誘うホロッとシーンの割り振りバランスも絶妙に
すごく困難なメイン・テーマを過不足なく重厚にかつテンポよく描いて
これがあの「オトナの土ドラ」?ってな刮目すべき傑作になってます。



「善玉」側と「悪玉」側が単純素朴に分かれていて
その善玉ヒーロー側が悪者を倒して勧善懲悪カタルシス一丁あがり、みたいなストーリーは
現代日本の小説・漫画ではもちろん、映画、そしてもはやTVドラマででも
こども騙しの古臭い手抜き作として最初から視聴者にまともに相手にしてもらえません。
振り返れば『SP』『SPEC』『クロコーチ』『MOZU』『IQ246』などの野心作には、
全国民や全人類が、知っても知らずも加担し作り上げてしまっているマクロな閉塞状況
そこから生まれてきた危険なヴィジョンに拠る巨大潮流とも言えるテロ的陰謀結合
それゆえ「ヒーロー」側も疑問・不信・揺らぎを余儀なくされる苦渋に満ちた闘い —
と、クライム・アクションが不可避的にポリティカル・スリラーと集合円を重ねるモダンな美徳が
その硬質な魅力の骨子としてあり、
そういう作品だけが局のちがいを超えて
「アレよりもっと」「アレのあの部分をもっと掘り下げて」という弁証法的TVドラマ進化を
下支えするひとつひとつの礎になっていると思います。
『リバース』はちょっと別としても
この『犯罪症候群』と『CRISIS』、特にその黒幕 — 環敬吾と鍛冶大輝(長塚京三)— の設定に
いや増しに上がるTVドラマ水準の、最新の「いま」を見る思いです。









にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村

ベアミネラル オンラインショップ
ads by Linkshare



プライバシー・ポリシー

コメントの投稿

コメント

プロフィール

Author:hisfairlady
ゆとり?ヌルオタ?非モテ?非コミュ?でまちがいなく腐女子なんですがいとしのあのひとに見合う貴婦人になりたいんです ><

最新記事
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサード リンク




カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ